メダカ研究室

地球環境を大切にしています。

めだか家 NOSSOB HOME >  メダカ研究室  > 地球環境を大切にしています。
  • めだか家 NOSSOBはめだか達と地球の環境を大切にします。

    めだかの歴史は古く、江戸時代から観賞魚として人々に親しまれてきました。
    そしてまた、めだかはすばらしい繁殖形態を持ち遺伝子の研究などにも使用され人間の進化と共に今日まで歩んできました。なんと!!宇宙に行っためだかまでいます。

    めだかは小さくて可愛い、そして何より鑑賞していて癒されます。
    そして繁殖させて2世代3世代を飼育する醍醐味もあります。
    当店のめだか達は1匹1匹、手間ひまかけて大切に育てています。
    そんなめだかを飼育していただき『小さな命の大切さ』を実際に感じていただければと思います。

    何故か不思議な事にめだかを飼育繁殖していると環境問題などにも興味を持ってきます。ビオトープや農業の事まで気になって仕方ないのは僕だけでしょうか???

    現在では、環境保全などの活動が盛んになり遺伝子のかく乱なども取り上げられています。

『飼えなくなったから』と言って自然の川や池などには絶対に放流しないでください。もちろん湖もダメです。
最後まで責任を持って飼育しましょう。
  • 現在 めだかは絶滅危惧Ⅱ類(環境省レッドリスト)に記載されています。

    自然の川や池には在来種が住んでいます。この在来種の遺伝子は保存していく必要があります。

    例えばA県の小川に天然めだかがたくさん居るとしましょう。最近B県のとある小川に住んでいる天然めだかが少なくなってきました・・・どうしましょう??と言う事で ある人はA県のめだかをB県の小川に移植することにしました。するとどうでしょう???皆さんもうお解りですよね????

    B県に生息するめだかの遺伝子と持ち込まれたA県のめだかの遺伝子が混ざってしまい、本来B県にしかいない貴重な遺伝子が無くなってしまいました。絶滅です・・・残念ですよね??
    実際にこんな状況が身近でも沢山起こっています。
    めだか達は小さくても一生懸命に生きています。最後まで責任を持って飼育してあげてください。

どうしても飼育できない状況などでしたら、当店まで一度ご連絡ください。
何度も言いますが放流は絶対に行わないでください。
  • めだか家 NOSSOB

    【所在地】
    〒515-2334
    三重県松阪市嬉野黒野町1305-4
    【TEL】
    0598-48-1110
    【営業時間】
    10:00~18:00